メニュー
☆犬猫募集一覧
☆ご寄付のおねがい
あしながおじさん募集
無料しつけ相談会
フリマ用品募集
ワンシート募金
※募金や物品をご持参の方は、西山会館(第4日曜日の譲る会会場)へ、ご持参下さいますようお願い致します。
【お問い合わせ】
下記メールフォームからお問い合わせ下さい。
より迅速に対応させていただくために、携帯メールよりお返事させていただく場合がございます。
希望する犬または猫・お住まいの地域・電話番号・お名前をお知らせいただくとスムーズです。
※譲渡にはお約束事があります。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ検索
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
プロフィール

はちかねこ

  • Author:はちかねこ
  • 静岡県浜松市を中心に、心や体に傷を持ち、
    譲渡不可能な犬達の終生飼養。保護した犬達の新しい家族を捜す、などの活動をしています。
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぱんち君

皆様に献血を呼び掛けた、ぱんち君からお便りが届きました。

『 ボーダーコリーの、ぱんちです。
昨年8月5日、鼻からの流血騒ぎから半年が過ぎました。
皆様には輸血の際、御協力頂き大変有り難うございました。

ぱんち君、今では弟のぽっぽ君と元気に朝夕散歩 ( 昼間は
家犬です ) をしております。

moblog_7d634011.jpg

あの8月5日から2ヶ月間は、2軒の獣医さんに診察を受け、
入退院を繰り返すものの病名は解らず仕舞いでした。
どんどん元気がなくなって行くぱんち君を見ているのが
苦しくて、藁にも縋る思いで木俣先生に駆け込みました。

経過をお話しすると、先生にも病名が解らず治療はできない
から、この症状で考えられる必要な検査をしましょう。と
言われました。
その時のぱんち君は、まったく元気がない状態で、リスク
承知の上で全てを先生にお任せいたしました。
勿論即入院です。
私も必至でしたが、病院の先生方の真剣な様子に涙なんか
流してはいられませんでした。

検査結果は、慢性リンパ球形質細胞性鼻炎(自己免疫疾患)
でした。
治療方針の詳しい説明があり、私は充分納得をし、苦しみに
耐えているぱんち君が一日も早く元気になることだけを
願っていました。
治療が始まりだんだん元気になっていくぱんち君を見て、
もう安心だと私も元気を取り戻しました。

今のぱんち君は安定しています。が、時として微妙に
変化する様子をみて的確な診断をしてくださる木俣先生には
頭が下る思いでいっぱいです。

moblog_e47e2939.jpg

ぱんち君が人間の話が解るように行動する時には、
なんと頭の良い子だと親馬鹿ぶりです。
これからもぱんち君の笑顔を見て毎日を過ごせそうです。
末筆ながら、皆様、励ましのお言葉やメールを頂き、誠に
有り難うございました。 』

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。